読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフイベントで企業キャリアから私業キャリアへ、「わたしビジネス」起業コンサルタント長谷川徳子のブログ

出産、転勤、介護等のライフイベントで企業キャリアから、フリーで心地よく働き続けながら社会に関わる私業キャリアへシフトする女性のためのコンサルタントが、起業についてを語ります。

ライフイベントで企業キャリアから私業キャリアへ、「わたしビジネス」起業コンサルタント長谷川徳子のブログ

不安を感じるときにすべきことは、「分ける」こと

出産、転勤、介護でキャリアを諦めた女性のための
起業コンサルタントを目指す長谷川徳子です。

 

毎度おなじみ、HEG式カレッジのコンサルコースでのシェア会のことです。

 

 その日の宿題はこれでした。

 

自分の活動理念を作る

自分のプロフィールを作る

自分の名刺の下書きを作る

 

 

それらを作りながら、私、めっちゃ不安になりました。

 

私みたいなコンサルの経験もない、会社経営の経験もない、

そんな女がコンサルなんかになれるのだろうか?

いや、私がコンサルって名乗っても誰も信じてくれないだろう。

 

 

それをシェア会で口に出した瞬間、ぶわ~っと涙が溢れました。

 

「私、どんだけ不安やってん!!」って心のなかで自分に突っ込んでました。

 

 

 

 そのときに、言われたことは、「分けて考えましょう」でした。

 

●自分の中にあるもの

   コンサルになれるのだろうか?という不安

 

●(コンサルになるために)必要だと思っているもの

 ・ニュートラルであること

 ・(クライアントの話を)聴く力

 ・柔軟さ

    etc.

 

 

そうして分けて行った時に、

分けながら自分の心の中の不安を吐き出しながら

私の中にある想いの変化を観察しました。

 

 

涙が溢れて仕方なかいほど心を埋め尽くていた不安は、

量がまったく把握できない大きさの雲のようなものでした。

 

でも、その(不安の)中身、出処を調べて行ったら、

 最初に思ったほど不安にさせるものではないとわかってきました。

 

 

そして、「ちと、やれそうです」という言葉が口から出てました。

 

 

 起業にかぎらず、「不安」って日常生活でいっぱい感じますよね?

 

「不安や~」って思うだけで、より一層不安になって、

泣けてきたり、食欲がなくなったりします。

 

 

でも、その不安を「自分の気持」と「不安にさせるもの」とに分けて、

不安にさせるものを解消するにはどんな行動がいるのか?とかを

具体的にこまかく出してみる。

 

すると、意外とあっさり、不安じゃなくなります。

 

 

 このシェア会のあとから、私、不安に思うことが少なくなりました。

 

不安の原因を探って、で、どうしたらええねん?って考えるように

なってきたからです。

 

 

それを一人でするのは難しいのよ~!って方は、

私、個別でお話きかせてもらいます~。

 

              ~長谷川徳子~o(^▽^)o