読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフイベントで企業キャリアから私業キャリアへ、「わたしビジネス」起業コンサルタント長谷川徳子のブログ

出産、転勤、介護等のライフイベントで企業キャリアから、フリーで心地よく働き続けながら社会に関わる私業キャリアへシフトする女性のためのコンサルタントが、起業についてを語ります。

ライフイベントで企業キャリアから私業キャリアへ、「わたしビジネス」起業コンサルタント長谷川徳子のブログ

「感じる」ことが、コンサルタントのキモの一つ

出産、転勤、介護でキャリアを諦めた女性の再出発を
起業で応援するコンサルタントになるべく勉強中の長谷川徳子です。
 
 
今、HEGビジネスカレッジのコンサルタント育成コースを
 
受講していますが、その中で毎回繰り返されるのがコレです。
 
 
シェア会という名の「感じる」トレーニング。
 
 
これが、今の私にとって一番ハードなプログラムになっています。
 
 
 
シェア会での感じるトレーニングとは、こんな感じです。
 
誰かが「ある決断をした」と言う。
 
その決断の時に自分の中にどんな「質」があったのか?
 
これを探ります。探求します。
 
理由を探すのではありません。
 
まずは、理由も含めて、その決断についてのことを出してみます。
 
何があって「○○しない」と決断したのか?
 
・仕事を続けるから
 
・今の仕事に役立つから
 
・今を大切にしたいから
 
2,3個ではなく、めっちゃいっぱい出します。
 
「まだないのか?」
 
「で、他には?」
 
と、尽きるまで絞り出します
 
 
その山盛り並べた中から、
 
自分でどんな「質」を「感じる」かを、言語化します。
 
 
その中から、どんな質を感じるか?
 
・こわさ
 
・つよがり
 
等々
 
周りの人の力も借りて、そこで感じられた質を言語化します。
 
 
私は、このシェア会でよく泣きます。
 
最初の頃は、泣く自分が嫌で、そんな自分が格好悪いと思って
シェア会に参加するのが、正直重荷でした。
 
でも、今は、毎回泣くというトレーニングをするつもりで
最初から「泣いたるっ!」ぐらいの気持ちで参加しています(笑)
 
 
実際に真剣に「感じる」場数や経験が多ければ多いほど、
 
自分がクライアントさんを応援する立場になった時に、
 
使える感覚が増えると思っているからです。
 
って書いてますが、実はこれはkeicaさんからの受け売りです(笑)
私自身には、まだ、その実感はありません。
 
 
この「感じる」ことから
 
その人が自分でつかむしかない
 
自分自身のコンフォートセンスを導き出す。
 
そして、そのコンフォートセンスの上でビジネスができるようにする。
  
なぜなら、そのコンフォートセンスの上でビジネスを構築すると
 
楽しく続けられるから。
 
そのために、
 
クライアントさんから感じ取れるコンサルに私はなるのです。
 
 
なんでか、最後は所信表明演説になってしまった(笑)
 
 
               ~長谷川徳子~o(^▽^)o